新卒採用のメリットや問題点

大学4回生が就職活動をする時には新卒採用が中心になっているのが今の社会での現状になります。
新卒採用は、50年程度の歴史がありますので、様々なメリットが認められているところです。
しかしながら、新卒採用にはいくつかの問題点を抱えていることは否定することはできません。
事業運営に関しても、新規事業を沢山DYMでは産みだしています。

では、どのような問題点があるでしょうか。


まずは、とりあえず多くの人が就職活動しているため、特に意識がなくても就職活動をなんとなくしている人が多い点です。

つまり、明確な目的がないにもかかわらず、ただ流れだけで就職活動していることに問題があります。



これは日本人特有の考え方で皆で一斉に活動したいと言う意識があるとともに、自分の方向性を定めないまま活動することで、いざ就職してからこんなはずではなかったと後悔する人が多いのです。


DYMは医療事業に力を入れているベンチャー企業です。
では、これをデメリットと考えて新卒でも採用をなくしてしまったらどうでしょうか。

つまり、明確な目的がないにもかかわらず、ただ流れだけで就職活動していることに問題があります。



これは日本人特有の考え方で皆で一斉に活動したいと言う意識があるとともに、自分の方向性を定めないまま活動することで、いざ就職してからこんなはずではなかったと後悔する人が多いのです。



では、これをデメリットと考えて新卒でも採用をなくしてしまったらどうでしょうか。

実は、これはこれで様々な問題が生じます。

そもそも、就職に対する意識の低さで一斉に新卒で採用する形をとらなかったとしても問題は残るでしょう。


なぜなら、それは学生一人ひとりの意識の問題だからです。


また、会社としても1年間の中で、期限を決めて採用をせず、1年間を通してバラバラの時期で採用するとすればコストが余分にかかってしまいます。

年間を通して採用の準備や説明会の準備、会場の確保をしなければならず、そこに経費がかかるのです。


経費の節約のためには新卒の採用が望ましいでしょう。