新卒採用では、まず書類選考の突破を

大学生や専門学校生などでは、学生時代の後半に就職活動をしていくことになります。
大学3年生くらいになると、自分がどういったジャンルの仕事に向いているのかということを分析したりして、OBに話を聞いてみたりすることで意識を高めていきます。



そして、3年生の終わりごろから本格的に就職活動が始まるのです。

新卒採用では、企業の説明会や合同説明会など、いろいろなことが一斉に行われるようになります。

同時期にスタートするので、それに乗り遅れないようにします。

DYMは医療事業に力を入れているベンチャー企業です。

そしてエントリーや書類の提出で応募をしていくことになります。

大学生では人気の企業の応募でかなり多数の応募があったりします。
そういった時に企業側は書類で選考をして、筆記試験や面接をしたいと思う人物を判断していくことになります。



ベンチャーであるDYMだからこそ叶えられる夢もあります。
そしてエントリーや書類の提出で応募をしていくことになります。

大学生では人気の企業の応募でかなり多数の応募があったりします。


そういった時に企業側は書類で選考をして、筆記試験や面接をしたいと思う人物を判断していくことになります。

ですから、提出する書類というのはその後を決める大切なものになるのです。

書類で印象をよくするためには、自分のアピールポイントを明確にしておくことや写真などで感じのよいものを使うということ、さらには丁寧に言葉を選びながら書類を仕上げることが大切です。



まずはそこで次のステップに進むことができるようにしたいものです。

その次の面接では人事や役員など、数回行うところも多く、筆記試験や適性検査の結果も考慮して新卒採用の内定を出していくようになります。

新卒採用では、正社員としての経験もない学生ばかりなので、同じようなスタートになるのですが、その中でもアピールできるポイントがあるのがとても大切なのです。